脱毛サロンランキング

アトピー肌だからって脱毛を諦めるのはもったいない

肌トラブルがあっても脱毛できる?

 

アトピー肌や敏感肌など、肌トラブルに悩んで脱毛を始められない・・・と思っている人はいませんか?自己判断で脱毛を諦めるのはとてももったいないことです。多くの脱毛サロンでは、アトピー体質の人でも安心して脱毛が受けられるようになっています。お肌が弱くても脱毛でキレイなお肌を手に入れるために必要なステップを紹介します。

 

脱毛前のカウンセリングやパッチテスト

 

アトピー体質の人に限らず、脱毛サロンでは必ずカウンセリングとパッチテストをおこないます。初回のカウンセリングシートには、毛の太さや量についてだけでなく、肌質や持病、予防接種や服用している薬があるかどうかなど、健康状態についてたくさんのチェック欄があります。

 

これは脱毛マシンが発する光に反応して、人体に影響を及ぼす可能性がある病気や薬があり、その対象の病気や薬ではないかどうかを確認するためです。カウンセリングではどんな人でも細かく健康状態をチェックされます。

 

また、美容行為は健康な状態で施術を受けることでその効果を最大限に発揮します。風邪や二日酔いなどで体調不良の場合、脱毛を受けたとしてもあまり大きな効果は得られません。関係あるの?と思うかも知れませんが、熱がある人に脱毛した途端みるみる肌が赤くなって、ヒリヒリと痛みを感じたというのはよく聞く話です。脱毛をする場合は、健康状態をしっかりと管理しておく必要があります。

 

トラブルを未然に防ぐため、脱毛サロンでは事前にしっかりとしたカウンセリングがおこなわれます。カウンセリングで問題ないと判断された場合、次はパッチテストです。数ショット当ててみて肌の反応を見ます。パッチテストの反応で脱毛できませんと言われることはほとんどありませんが、ここで違和感を感じた場合はすぐにスタッフに伝えて下さい。

 

ごくまれに光アレルギーの体質であることがパッチテストの段階で判明する人がいて、かゆみやじんましんが出た・・・ということもあります。めったにないことですが、そういった場合は脱毛を受けるのは難しいかも知れません。

 

アトピー体質の人は、かかりつけのお医者様に脱毛を受ける予定があることを説明し、問題がないかどうかを事前に確認して下さい。注意点があればそれもしっかり把握しておくこと。そして、お医者様の同意を得てからサロンにカウンセリングの予約を入れ、その時にアトピー体質であることを必ず伝えて下さい。実際にサロンに足を運んだ時のやりとりがスムーズになりますよ。

 

日本人の5人に一人はアトピー体質であると言われています。症状は人それぞれですが、多くの人がアトピーと向き合いながら生活しています。アトピー肌でも脱毛している人は大勢いますので、まずは安心してカウンセリングとパッチテストを受けてみて下さいね。

 

ステロイド剤の使用について

 

アトピー治療に使われる薬で一般的なものがステロイド剤ですが、ステロイドを使用もしくは服用している場合、基本的には脱毛は受けられません。内服薬は最後の服用から一ヶ月以上、外服薬であれば二週間以上経っていれば問題ないというサロンもありますが、これはステロイドの作用による感染症を防ぐためです。

 

ステロイド剤には免疫力を弱める働きがあります。脱毛は少なからず肌に影響を与える行為ですので、ステロイド剤を使用した場合の脱毛の施術が感染症の原因にならないとは言い切れません。リスク回避のために決められているルールですので、ステロイド剤をした場合は必ずサロンのスタッフに相談しましょう。

 

他にもステロイド剤の副作用として、塗布した患部の毛の量が増えてしまう多毛化の症状が出ることがあります。この時は脱毛をしても効果が出にくくなるので、回数制限のあるコースで契約している場合、効果を実感できず回数を消化してしまうことになります。これはとてももったいないことですね。

 

常時ステロイド剤を使用しているという人は、脱毛サロンではなくクリニックを利用するという手もあります。医師による診断と処置をしてもらえるので、症状が出やすい人でも安心して脱毛できます。ただし、肌状態があまりにも悪いと判断された場合、クリニックでも脱毛が受けられないことがあります。脱毛よりもまず先にアトピーを改善する治療の方が優先です。先にも述べましたが、脱毛の効果は健康状態が安定している時に効果が発揮されます。症状が不安な場合は先生に相談しながら脱毛を進めていくといいでしょう。

 

色素沈着などの肌トラブルの心配はないの?

 

ノーマル肌に比べてデリケートでダメージを受けやすいアトピー肌。ちょっとした刺激でかゆみや炎症が出てしまうことも多いと思いますが、治りかけに気になるのが色素沈着です。アトピーが重症化すると肌全体がゴワゴワと固くなって、ひどい場合は肌の色が赤黒くなってしまいます。脱毛中にもしもトラブルが起きた時、もとのキレイな肌色に戻れないのではないか・・・と心配になりますね。

 

大丈夫です。脱毛して色素沈着になることはありません。

 

まず、色素沈着の主な原因は摩擦や外傷によるものです。人間の肌は慢性的に何らかの刺激を受けることで、ダメージから守ろうとメラニンを増やします。増えたメラニンが黒く反応し色素沈着となります。虫さされの部分を掻きすぎで痕が残ったり、毎日カミソリで自己処理をしている人のワキが黒ずんでいるのも色素沈着と言えます。

 

最近の脱毛マシンはとても進化していて、ただ脱毛するだけでなく美肌効果をもたらす作用もあるのです。例えば、光脱毛で一般的なインテンス・パルス・ライト(IPL)という種類のマシンはフェイシャルエステでも使用されています。

 

肌のコラーゲン生成に効果があり、シミやそばかす、色素沈着を改善する効果があるので、脱毛以外に美肌効果も期待できます。毛をなくす

 

目的で始めた脱毛で肌のトーンがあがったりハリが増すなんて、これこそまさに一石二鳥です。

 

カミソリや毛抜きで自己処理を繰り返すことが一番肌に負担をかけるので、自己処理によって色素沈着は悪化していきます。脱毛するから色素沈着した・・・というのは古い時代の都市伝説で、色素沈着をしないためにも脱毛が効果的なのです。

 

トラブルを防ぐためにしっかりとアフターケア

 

脱毛に通っている間は常に肌状態を気にかけておく必要があります。継続して通うからこそ、一回ずつの施術が大切になってきます。お家で簡単にできるホームケアも取り入れることで脱毛の効果は目に見えて変わってきます。また、カウンセリングの時にも指導されると思いますが、脱毛の施術後にしてはいけないことがいくつかあります。

 

  • 入浴
  • 飲酒
  • 激しい運動
  • マッサージやエステ

 

脱毛マシンから出る光は最大で70℃ほどの熱を持ちます。医療レーザーは200℃近くになるようです。肌に照射された時はあったかいと感じる程度ですが、体温よりもはるかに高い刺激を受けるため、肌は一時的に熱を帯びた状態となります。脱毛後に肌が落ち着くまでは、体の代謝があがるような上記の行為は防ぐことが決められているのです。

 

脱毛当日は体に負担をかけないように気をつけなければいけません。湯船につかることは禁止されますが、ぬるめのシャワーであれば当日でも大丈夫です。

 

刺激性の強い化粧品類も数日間は使用を避けた方がいいでしょう。脱毛後はお肌がとにかく敏感になります。自覚症状はなくても、トラブルを未然に防ぐためにはリスクとなりえる行為はしない方が身のためです。お肌が落ち着いてきた頃から保湿をしっかりとして、肌に刺激を与えないようにお手入れしてあげて下さい。

 

また、アトピーの症状が出やすい首まわり・胸・背中・ヒジの内側・ヒザの裏側などは極力摩擦を与えないように心がけましょう。締め付けないや素材の衣類を選ぶようにするといいですね。脱毛していない部位のアトピーが悪化して、ステロイドを使用したため予約をキャンセルしなければならなかったということがないように、常に自分の体を向き合ってあげて下さい。