脱毛サロンランキング

私はアトピー体質だから、脱毛サロンには通えない・・・。そう思っている方はいませんか?

アトピーの人は自宅でのケアは危険?

 

結論から言いますが、アトピー体質の人だからこそ早急に脱毛するべきなんです。

 

そもそもアトピーって?

 


アトピー性皮膚炎とは、良くなったり悪くなったりを繰り返す、かゆみのある湿疹を主な病変とする皮膚の病気です。もともとアレルギーを起こしやすい体質の人や、皮膚のバリア機能が弱い人に多く見られる皮膚の炎症を伴う病気です。主な症状は「湿疹」と「かゆみ」で、良くなったり悪くなったりを繰り返し(再発)、なかなか治らないこと(慢性)が特徴です。一般的に、6カ月以上(乳幼児では2カ月以上)続くと慢性と判断します。

アトピー性皮膚炎とは?

 

アトピー体質の人の肌は、そうでない人の肌に比べるとデリケートで傷つきやすいです。症状が出てしまうと傷口がじゅくじゅくしたり、肌全体がゴワついてかたくなってしまいます。悪化した場合は色素沈着となり、肌の色が赤黒くなっていきます。

 

ただでさえ敏感なお肌なのに、カミソリや毛抜きなどで自己処理を繰り返すとどんどん肌状態が悪化していきます。肌になるべく負担をかけないためにも、自己処理の回数は極力減らす必要があります。

 

アトピー肌に光脱毛はOKなの?

はい、大丈夫です。ただし、以下のことを事前に必ず確認して下さい。

 

  • かかりつけの医師に脱毛の施術は問題ないか確認する
  • サロンによっては医師の診断書が必要なケースがある
  • 症状が悪化している場合は施術できない場合がある

まずは、かかりつけのお医者様に脱毛に通おうと考えていることをお話して下さい。アトピーを理由に、お医者様から脱毛の許可をもらえなかったというケースはほとんどありません。ただ、アトピーは状態が良くなったり悪くなったりを繰り返しますし、ささいな刺激(汗や砂ぼこりなど)によって症状が出てしまうこともあります。

 

症状自体が人それぞれなことに加えて、何かあっても脱毛サロンでは医療行為はおこなえません。医師の同意は必ずもらってください。

 

また、ほとんどの脱毛サロンでは初回にカウンセリングとパッチテストをおこないます。肌状態や毛の量や濃さをチェックした後、実際に数ショット照射して肌の反応を確認します。最初は弱い光で様子を見ながら脱毛してくれるので安心です。

 

アトピー体質の人が脱毛する上で気をつけなればいけないこと

 

まず、どんな肌質の人でも脱毛をする上で気をつけなければいけない注意事項として、以下の点があげられます。

 

  • 日焼け
  • 乾燥
  • 薬の服用(塗り薬や湿布含む)

 

日焼け

まず日焼けについてですが、光脱毛のしくみとして、照射の時に発する光は最大で70℃の熱を持っています。お風呂の温度で考えてみてほしいのですが、心地よく入浴できるお湯の温度は一般的に40℃くらいとされています。それより30℃も高い刺激を受けるとなると、相当熱いイメージですよね。もちろん、脱毛マシンは黒い部分に反応するように作られているので、日本人の一般的な肌色の人が70℃の熱をそのまま感じるわけではありません。毛の薄い部分であればほとんど刺激はなく、あたたかいと感じる程度です。

 

しかし、日焼けをするとお肌の色が変化していきますので、日焼けした分だけ脱毛を熱いと感じてしまいます。日焼けというのはやけどしているのと同じ状態です。皮膚の水分量が減少している状態で、脱毛によってさらに熱を与えるということは、脱毛の効果が発揮されるどころか重大なやけどの原因になりかねます。実際に、日焼けした状態で施術を受けた結果ケガをしてしまったというのは、脱毛サロンでは非常に多い事例です。なので、日焼けには細心の注意を払う必要があります。

 

乾燥

次に乾燥についでです。上記で述べた日焼けは乾燥の大きな原因となりますし、冬は誰もが乾燥に悩む時期です。乾燥が悪化し、肌が白い粉をふいている状態で脱毛の施術はできません。理由は日焼けと同じです。脱毛に通う間は、常に肌状態が安定していることが理想的なので、毎日ボディクリームなどでセルフケアすることをおすすめします。

 

アトピー体質の人たちは、そうでない人たちよりもお肌がデリケートです。日焼けや乾燥によってお肌が受けるダメージが大きいうえに、加えてアトピーの症状が悪化してしまうと脱毛は一時的にストップしなければなりません。肌状態が安定するように注意しながら、自宅でのお手入れは必要不可欠です。

 

最後に、薬についてです。アトピーの薬に限らず、薬を服用している場合は脱毛の施術を断られる場合がほとんどです。市販の風邪薬や低用量ピル、塗り薬など、どのような種類の薬でも施術前に確認されます。服用後から施術を受けられない時間はサロンによって異なりますが、一般的には市販薬で半日〜一日、処方薬は最大で一週間という場合が多いようです。

 

薬がNGな理由としては、薬には光に反応する成分が含まれているものがあり、脱毛自体が人体に悪影響を及ぼしてしまう可能性があるためです。また、美容行為は健康な体に施術をしてこそ最大限の効果が発揮されます。薬を服用している=体調不良とみなされ、断られる原因となるようです。

 

予約日に薬を服用してしまったため脱毛できず、予約が先延ばしになってしまったというケースも多いので、薬については注意が必要です。アトピーの人は薬を服用・塗布する機会が多いので、かかりつけの医師に確認を忘れないようにしましょう。

 

アトピー体質の人でも脱毛は受けられます。気をつけなければいけないことは多いですが、自宅でカミソリや毛抜きで自己処理するよりもよっぽど安心ですし、何よりキレイになれるのです。脱毛サロンに通い始めてから肌がキレイになった!というアトピー体質の人はとても多いです。自己処理をしなくなって、肌への負担が減るからです。全ての女性には美しくなる権利があります。アトピーだから・・・と諦めなければいけない理由はありません。

 

脱毛サロンに通い、キレイなお肌を手に入れましょう!