脱毛サロンランキング

アトピーでも剛毛でも大丈夫!誰でも美肌を手に入れられる脱毛

アトピー肌は剛毛になりやすい?

 

アトピーの人が脱毛をする上で気をつけなければいけないことがいくつかあります。事前に医師の確認をとることが第一で、かつ肌状態が安定している時でなければ施術は受けられません。粉を吹くほど乾燥していたり傷口がただれたりしていない限りは問題なく脱毛を受けることができます。

 

アトピー肌の毛質は薬の使用頻度が多ければ多いほど濃くなっていくのが一般的で、これはアトピー治療に使われるステロイド剤が大きく影響するためだと言われています。つまり、アトピーの症状が強く出やすい人ほど剛毛になりやすい傾向にあります。毛が濃い場合光脱毛では痛みを感じやすく施術後のトラブルも増えやすいため、下記の点に注意しながらカミソリいらずのツルスベ肌を手に入れましょう。

 

自己処理をやめる

 

毛が濃くなってしまう一番の原因は誤った自己処理をすることです。カミソリや毛抜きで毎日処理していると数年後にはあっという間に剛毛です。お風呂に入っている時にカミソリで処理している人が多いと思いますが、これは絶対にやめて下さい。

 

特にアトピー肌の人はリスクが大きすぎます。体があたたまって皮膚がやわらかくなった状態でカミソリを当ててしまうと、肌の角質を必要以上にそぎ落としてしまいます。浴室から出た後は湿度も一気に下がりますから、乾燥を加速させる原因を自ら作ってしまうという悪循環なのです。

 

本来、体毛は外的刺激や攻撃から身を守るために生えていて、服を着るようになった進化の過程で腕や脚の毛は薄くなっていきました。元々理由があって生えていたものですから、カミソリなどの外的刺激を受けることにより防衛反応で毛が濃くなってしまうは当然のこと。事実、自己処理経験が長い人ほど「毛が濃くなった」と実感している人が多いのです。

 

自己処理によって剛毛化してしまうと脱毛以外に毛を薄くする方法はありません。一般的な脱毛サロンでは毛根に光を当てることで毛の再生能力を弱めていく光脱毛という技術が採用されています。

 

この光は黒いものに反応するしくみなので、剛毛であればあるほど痛みを強く感じてしまいます。光脱毛の痛みがアトピー症状を刺激してしまうこともあるので、自己処理による剛毛化はできるだけ避けたいところですね。

 

どうしてもムダ毛を処理したい!という時は、フェイス用のハサミで優しくお手入れすることをおすすめします。肌表面を傷つけないのでカミソリや毛抜きに比べてダメージが少なくとても安全です。金属が当たることで刺激が出てしまう人は肌に触れる面に医療用テープを貼りつけておくといいでしょう。

 

ステロイド剤の使用について

 

一般的なアトピーの治療薬として知られているステロイド剤。アレルギー反応をしっかりと抑えてくれるアトピー治療には欠かせない薬なので、使用したことがあるという人も多いかも知れません。ステロイド剤は炎症や湿疹にとても有効な薬ですが、皮膚が薄くなったり感染症にかかりやすくなるなどの副作用があります。

 

また、ステロイド剤を使用している時は、アトピー症状の程度を問わず施術を断っているという脱毛サロンがほとんどです。使用をやめてからでも一ヶ月経たなければ脱毛できないというサロンもあり、常用している人は特に注意して下さい。

 

ステロイド剤を使用して毛が濃くなった!という人もいます。これはステロイド剤に含まれる「副腎皮質ホルモン」という成分が男性ホルモンと似た働きをしているためです。特に口の周りや腕、脚で多毛を実感したという人が多いようです。

 

ステロイド剤を使用しなければ多毛の症状は落ち着いてきますが、剛毛になりたくないからと言ってステロイド剤の使用をいきなりやめるのはとても難しいもの。できることなら剛毛になることは避けつつアトピーの症状を改善していきたいですね。

 

ストレスをためこまない

 

アトピーを発症する原因は、大きく分けて「遺伝」と「環境」の二つの因子に分けられます。近年では大人になってからアトピーを発症する人も多く、これはとりまく環境によって受けるストレスが原因と言えます。睡眠時間をしっかり確保し、バランスの良い食事を心がけましょう。

 

自分に合った正しいスキンケアをする

 

アトピー肌の人に限らず、脱毛に通っている間は肌状態が常に安定するよう気をつけなければなりません。脱毛をする上で乾燥は絶対にNGです。保湿メインの丁寧なお手入れを習慣づけて下さい。肌質は人それぞれですが、高額なものだからと言って効果バツグンというわけではありません。

 

低刺激のオーガニックタイプのものや皮膚科で販売されているものなど、自分に合ったスキンケア用品を探して下さいね。また、脱毛後は肌に熱がこもってそれが原因でかゆみを引き起こすことがあります。自宅に戻ってからも冷たいタオルでクールダウンしてみるのもいいかも知れません。

 

まずは自分の生活スタイルの見直しを

 

アトピー肌の脱毛には注意事項がいくつかありますが、ルールをしっかり守ればどんな肌質でもキレイになれるのが脱毛のいいところ。毛が濃くなる一番の原因は自己処理です。それだけでなくカミソリや毛抜きはアトピー症状を引き起こす原因にもなってしまいます。

 

アトピーが重症化するとステロイドを使用しなければならなくなり、それによって脱毛の予約が制限されたり多毛化してしまうこともあるのです。アトピーと剛毛には因果関係があるということ理解した上で、正しいスキンケアとストレスのない生活を心がけましょう!