脱毛サロンランキング

体をあたためないことと肌に触れるものを見直しをしてみましょう

アフターケア

 

アトピー肌はノーマル肌の人に比べ脱毛でのトラブルが起きやすく、注意しなければいけないことがたくさんあります。日頃のスキンケアはもちろんですが、脱毛後のアフターケアがとても肝心です。多くの脱毛サロンで採用されている光脱毛は痛みが少ないことがメリットですが、だからと言って肌への負担がゼロというわけではありません。

 

光脱毛は安全性が高いとはいえ毛の再生能力を弱らせるほどの威力があるものなので、脱毛前後のお手入れがおろそかになると大きなトラブルの原因となります。特にアトピー体質の人は肌がデリケートなので、脱毛後に違和感を感じやすいでしょう。ルールを守ることでトラブル回避できますが、最短でしっかりと脱毛を完了するために気をつけなければいけないことを確認してきましょう。

 

脱毛後の激しい運動や飲酒は避ける

 

脱毛サロンで使用されているマシンは、最大で70℃ほどの熱を発します。肌に当てた瞬間はあたたかいと感じる程度の熱ですが、全身に照射することで脱毛当日は皮膚表面が熱を帯びた状態となります。肌がデリケートな人は施術後に赤みやかゆみを感じることがあるので、脱毛当日は代謝が上がるような激しい運動や飲酒は控えなければなりません。

 

入浴やマッサージもNGです。施術後数時間経ってから赤みやかゆみが出る場合のほとんどは代謝が上がり体があたたまってしまったことが原因なので、アトピー肌の人は特に気をつけましょう。

 

自宅に帰ってからもクールダウン

 

多くのサロンやクリニックでは、脱毛後に冷たいタオルや保冷剤で体をクールダウンする時間があります。急激に上がった皮膚の温度を正常に戻すため10〜15分ほど冷やすのですが、アトピー肌の人は自宅に帰ってからも同じようにクールダウンするのがベストです。冷水につけたタオルを絞って肌に巻きつけるだけで十分です。冷やしたあとは保湿クリームをさっと塗って肌を落ち着かせましょう。

 

不特定多数の人が出入りするプールや海もNG

 

体をあたためるのがダメならプールはどう?答えはNGです。冷水という部分では問題ありませんが、不特定多数の出入りがあるプールや海は雑菌が多いため絶対にやめて下さい。プールの塩素も海水も脱毛後の肌には刺激が強すぎます。

 

基本的に脱毛後一週間は海水浴やプールは禁止されています。脱毛に通っている間は日焼けも厳禁なので、海に行く予定がある場合は日焼け止めも忘れずに。

 

いつものスキンケアは肌の様子を確認してから

 

毎日の肌のお手入れは脱毛当日もしっかりとおこなって下さい。ただし、脱毛後はいつもより刺激を感じやすくなっているので、毎日使っているスキンケア用品でもピリピリ感じてしまうことがあります。化粧水や保湿クリームを体の一部に少しだけつけて、違和感を感じなければ全体に塗るようにしましょう。脱毛後はセラミドが配合された化粧品で保湿をするのが一番効果的です。セラミドが肌に刺激を与えることはありませんので、たっぷり保湿ケアをして下さい。

 

おやすみタイムの衣類の生地にもこだわりを

 

アトピー肌の人の中には、寝ている間に肌をかいてしまい朝起きたらひっかき傷ができていた・・・という経験をしたことがあるという人は多いかも知れません。就寝時は体があたたまりやすいため、乾燥がかゆみとなって出てしまいやすいのです。パジャマはなるべく化学繊維ではなく絹や綿のものを選ぶようにするのがいいでしょう。

 

枕や布団カバーの生地を見直してみるのもいいかも知れませんね。また、洗濯洗剤や柔軟剤がアトピー症状を引き起こすこともあると言われています。特に柔軟剤には肌への刺激が強い陽イオン界面活性剤というアトピー肌には天敵の成分が含まれているので、添加物や化学物質が少ないもので洗濯するように心がけましょう。

 

VIOはムレに注意

 

脱毛当日は体をあたためるような行為は避ける必要があると伝えましたが、VIO脱毛をしている人はムレに注意しなければなりません。体温が上がることで赤みやかゆみが出やすくなりますので、通気性のいい下着を選んだりエチケットシートを利用するなどしていつも清潔に保てるようにして下さい。

 

また、VIOはボディソープでゴシゴシ洗うのではなく、せっけんとぬるま湯で手洗いするのが一番刺激を抑えられます。

 

アトピー肌でも最短で脱毛を終わらせるために

 

アトピーの症状に悩むことなく脱毛するために、日頃から保湿メインのスキンケアを欠かさないことと脱毛後のアフターケアがとても重要になってきます。脱毛が完了するまでにかかる時間は平均で2〜3年と言われていますが、最短で脱毛を完了するためにアフターケアは絶対に欠かせません。

 

アトピーの症状が強く出ていると施術を断られてしまうこともありますし、ステロイド等の強い薬を使用すれば一定期間予約を受け付けてもらえません。ベストな周期で脱毛するために肌トラブルを起こさないよう自宅でのケアを念入りにおこないましょう。